下肢静脈瘤広報センターHOME 歴史が語る広報活動!信頼されて27年

お問い合わせはこちら
下肢静脈瘤とは 下肢静脈瘤の症状 下肢静脈瘤の種類 下肢静脈瘤の診断
下肢静脈瘤の治療法 最新のレーザー治療 下肢静脈瘤 治療用ストッキング 下肢静脈瘤 Q&A
下肢静脈瘤専門
両国あしの
クリニック

下肢静脈とは(メカニズム解説)

血管には動脈と静脈の2種類がありますが、体の隅々で不要になった老廃物を含んだ血液が、足の筋肉のポンプ作用によって心臓まで運ばれ戻っていきますが、この通路となるのが静脈です。静脈内には血液が一方向に流れ、逆流を起こさないようにする『ハ』の字型の逆流防止弁がありますが、血液が重力に負けて下へ戻って逆流しないように食い止めています。これが壊れると血液が逆流し血管内に溜まってしまい静脈が膨らみます。
皮膚と筋肉の間を走る表在静脈が膨らむと下肢静脈瘤と診断されます。
逆流防止弁は体全体の静脈の所々にありますが、足の付け根や膝の裏などの太い静脈の合流部で壊れやすくなっています。
弁が壊れる原因は分かっていませんが、立ち仕事の人や出産後や家族に静脈瘤がある人などに多いと言われています。自然に治ることはありませんので、加齢とともに徐々に悪化していくことが多いです。

よくみられる下肢静脈瘤の症例1
【よくみられる下肢静脈瘤の症例1】
よくみられる下肢静脈瘤の症例2
【よくみられる下肢静脈瘤の症例2】


下肢静脈瘤とは 下肢静脈瘤の症状 下肢静脈瘤の種類 下肢静脈瘤の診断
下肢静脈瘤の治療法 最新のレーザー治療 下肢静脈瘤 治療用ストッキング 下肢静脈瘤 Q&A
下肢静脈瘤広報センターHOME 歴史が語る広報活動!信頼されて27年