下肢静脈瘤広報センター

No.003 – 女性

20数年前に左足静脈瘤の手術を受けましたが、10日位の入院と腰椎麻酔で足首、膝、ソケイ部の三ヶ所に傷跡があり、特に足首は手術中から痛みがあり、今現在も皮膚感覚がありません。 そんな中、右足の静脈瘤もひどくなり左足膝裏側に痛みを感ずるようになり、地元の病院を受診したところ血栓があるとの判断でしたが、手術を受ける勇気がなく1年あまりを過ごしてしまいました。
インターネットで「両国あしのクリニック」を知り、上京の折りに受診したところ血栓が自分で思っていたよりひどく、すぐに手術をすすめられ即2時間後に手術をしていただきました。 実際手術を受けてみると、術中は何もわからず痛みも無く、眠っている間に全て終了しておりました。 麻酔はしばらくの間ボーとして足下がふらつき、家に帰ってすぐに眠ってしまった位で、翌朝にはスッキリとしておりました。
2日目は大事をとって家の中で過ごしましたが、3日目からは外出したり、家事もいつもと同じように出来ました。 忙しい主婦にとっては、とても有難い事だと思います。 術後処方された痛み止めの薬は、一回飲んだだけですみました。
今後少し気になっていることは、硬化療法を受けるそうですが、痛みを伴う治療ということでどの位の痛みなのか気になっています。

> ページの先頭へ