下肢静脈瘤広報センター

No.001 – 60代 女性

折口ドクターやスタッフの方々ありがとうございました。
下肢静脈瘤は私が長年気になっていた病気です。 最近テレビ番組でも放送されたりで、早く治したいと思っておりました。 三田病院の荒川先生に折口先生を紹介していただき、本当によかったと思っております。
インターネットで足のことを調べたりして、臆病な私は歩けなくなったらどうしようなんて思ったりしました。
やせればきっと治るとか…
足の親指の所に注射して造影検査が一番痛かった。
手術の日、診察室で緊張のあまり「せき」が出たりしてこまった。 私は、日帰りの手術です。少し心配もしますが「日帰り」というのはいいですね。
先生が足に印を付けた時、これで治るのだと思ったりもしました。 手術中は麻酔してくださるので全然痛くありませんでした。 手術が終わり回復室に来た時、少しふらつきました。 新幹線で三島まで来て、自宅に帰ってきましたが痛くはありません。
弾性ストッキングをはくのが一番大変です。 夏は暑いので二日目からシリコンの所にあせもが出来てしまい、足の付け根に薄いタオルを巻いていました。 あまり動かなければタオルは移動しません。 足が少し細くなった気がします。明日は右足です。 よろしくお願いします。

> ページの先頭へ