下肢静脈瘤広報センター

No.011 – 30代 女性

手術にあたって
(静脈麻酔と局所麻酔)の組み合わせは本当に大丈夫なのだろうか?という不安がありましたが、いざ手術になると点滴からお薬を流して頂いた後は全く覚えておらず、あっという間に手術が終わりました。 術中は全く痛みはありませんでした。 静脈麻酔はお酒の強さと関係している、又、深すぎると危ないという知識がありましたが、術中全く目覚めることなく、覚醒もスムーズで術後より独歩で移動でき、まことに快適でした。
術前はあれこれ心配される事と思いますが、”案ずるより生むが易し”です。
手術台に上ったらスタッフの皆様の腕にお任せして信ずることが大切です。 「恐い」という感情は捨て、どんと構えることが大切です。
術後も駅まで歩いて帰宅できました。本当に痛みはありません。
全く心配ありませんので、是非同じ病気で悩んでいる方に胸を張ってお勧めしたいと思います。

> ページの先頭へ