下肢静脈瘤広報センター

No.006 – 50代 女性

日帰り入院と最初に耳にした時は、正直言ってびっくりし、多少の不安もありました。 数回の検査の後、手術日を迎えました。
手術前に先生に「頑張りましょうね」と言って頂いた時に、とても嬉しかったです。 足の検査を再度行い、数ヶ所にマークをしました。 手術台の上で腕に血圧計を装着された時、やはり少し緊張しましたが、看護婦さんが励ましてくださり、程なく麻酔が効き眠ってしまいました。 目が覚めた時には終わっていました。痛みも感じずホッとしました。
手術の後、先生から抜いた自分の血管を見せて頂いた時、何だかとても不思議な感じがしました。 術後に頂いたお茶がとても美味しかったです。 看護婦さんに術後の注意点等の説明をして頂き帰宅しました。
足が痛むことも殆どなく、緊張感が解け良く眠れました。 その夜は弾性ストッキング着用の為、傷口を見たのは翌日でした。 思っていたのより小さな傷跡でした。
数日してから足に内出血が起こりましたが、徐々に消えていき前よりずっと奇麗な足になって嬉しいです。 多少しこり等がありましたが大したことなく、術後一ヶ月が過ぎようとしてます。
普通の生活がすぐに出来た事は想像以上でした。 今後、日帰り手術がもっと普及すると良いと思います。
最後にきめこまやかに対応して下さった先生とスタッフの皆様に感謝申し上げます。 同じ病気の友人に日帰り手術を是非薦めようと思っております。

> ページの先頭へ