下肢静脈瘤広報センターHOME 歴史が語る広報活動!信頼されて27年

お問い合わせはこちら
下肢静脈瘤広報センター
下肢静脈瘤とは 下肢静脈瘤の症状 下肢静脈瘤の種類 下肢静脈瘤の診断
下肢静脈瘤の治療法 最新のレーザー治療 下肢静脈瘤 治療用ストッキング 下肢静脈瘤 Q&A

下肢静脈瘤Q&A

Q 1 どんな病気ですか?
A 1 最初の症状としては、足に血管がボコボコ見られるだけのことが多いです。疲れ、むくみ、足のつりを起こします。ひどくなると湿疹や色素沈着が起こります。ここまで悪くなってしまうと元に戻りづらい状態になっています。放置することで徐々に進行する怖い病気です。
Q 2 下肢静脈瘤の原因は?
A 2 静脈内には逆流防止弁があり、これが壊れると血液が逆流し静脈が膨らみます。弁が壊れる原因は分かっていませんが、生活習慣や女性の妊娠出産や家族歴に関連があると言われています。
Q 3 ほうっておくとどうなりますか?
A 3 下肢静脈瘤は、基本的には良性疾患のため、癌などの悪性疾患と違い致命傷になる可能性の低い疾患です。注意するべきは、エコノミークラス症候群(血栓症)です。また、進行すると、痒み・治りにくい湿疹・色素沈着を経て、皮膚が潰瘍化したり、また、蜂窩識炎(ばい菌が入って、足が赤く腫れる)にもなりやすくなります。
ここまで進行すると治療を始めてもかなりの時間が必要になるため、手術をしない場合でも、弾性ストッキングをしっかり着用して静脈瘤の進行を遅らせることをお奨めします。
ただし自覚症状は改善することが多いですが、残念ながら静脈瘤が治ることはありません。下肢静脈瘤を切らずに治す諸説も出ていますが、残念ながら、一部のサプリメントや漢方薬も含めて、飲み薬で静脈瘤が改善したという報告がありません。また残念ながら、静脈瘤に良い食べ物もわかっていません。運動も悪い効果も無ければ良い作用もありませんので、今まで通り行って構いません。
Q 4 手術は、血管を焼いたり引き抜いてしまう方法と聞いています。そのあと、血液はどこを流れるのですか?大丈夫なのでしょうか?
A 4 血管は、1本だけではありません。静脈瘤になってしまう血管は、表在静脈といって皮膚の表面近くを流れているものです。この静脈以外に、筋肉の中を貫いている本幹(深部静脈)があります。深部静脈が正常であれば、静脈瘤を患っている血管はない方が血液の循環は良くなります。
Q 5 弾性ストッキングをはくと、あしの調子がよいのですが、このまま治ることはないですか?
A 5 弾性ストッキングを着用すると足の血液の循環が良くなりますので自覚症状は改善することが多いですが、残念ながら静脈瘤が治ることはありません。
Q 6 病院にいったら、下肢静脈瘤だといわれ手術を勧められました。自覚症状がないのですが手術したほうがよいでしょうか?
A 6 手術の適応は医師によって異なりますが、湿疹や色素沈着・血栓等の合併症のある患者さんには積極的に手術を勧めています。また、足がだるい・痛い・つりやすいといった症状の強い患者さんにも、手術を勧めています。静脈瘤が膨らんでいるのが気になるという、美容的な理由で手術を受けるかどうかは患者さんの希望次第です。
Q 7 手術しないでも硬化療法という注射で治ると聞きました。本当に治りますか?又、副作用はないのですか?
A 7 足の付け根や膝の裏の弁が壊れてしまう大・小伏在型静脈瘤の患者さんでは、硬化療法のみでは静脈は治りにくく再発しやすいだけでなく、血栓が心臓から肺に流れてしまう可能性(肺塞栓)が高くなるため、手術よりも硬化療法によって治療することのほうがリスクが高いと考えています。
軽症の静脈瘤は硬化療法で治療しますが、硬化療法は静脈瘤を血栓化して炎症を起こすため、色素沈着・多毛・潰瘍の原因となることもあります。
Q 8 遺伝しますか?
A 8 遺伝の原因は解明されておりませんが、ご両親が静脈瘤であった場合は、その娘さんや息子さんが同じように静脈瘤になるケースが多いです。
Q 9 予防はできますか?
A 9 完全に効き目のある方法は残念ながらありません。遺伝や加齢を治せないのと同じです。
ただし、病気の進行を遅らせるための方法はあります。生活環境で立ちっぱなしや座りっぱなしを長時間することを避け、なるべく足を動かすことを心掛けてください。
また静脈瘤になりかけの方は早めに弾性ストッキングを着用することでも進行を遅らせることは出来ます。
Q 10 早期発見するにはどのような症状に注意すればよいですか?
A 10 簡単にできる下肢静脈瘤の自己診断法をご紹介します。
下肢静脈瘤の代表的な症状のひとつに「血管が浮き出る」という事があげられます。横になったり、腰掛けていると目立たないが、まっすぐ立った状態で血管が浮き出てきたら下肢静脈瘤を疑ってください。
血管はあまり浮き出たり目立つことはないが「むくみが気になり、とにかく脚がだるく疲れる」という場合があります。時々、痛みを感じることもあります。この場合やはり、下肢静脈瘤を疑ってください
Q 11 就寝中に脚がつることがあり、目が覚めることがよくあります。
A 11 やはり、下肢静脈瘤を疑ってください
Q 12 あしにかゆみがあり、治りにくい湿疹ができます。何かのきっかけで、下肢からの出血の経験があります。
A 12 この場合も、下肢静脈瘤を疑ってください
Q 13 エコノミークラス症候群には下肢静脈瘤があるとなりやすいですか?
A 13 飛行機は空高くを飛んでいるので、機内は砂漠以上に乾燥しています。そのため、長時間機内にいると脱水状態になり、血液は固まりやすくなっています。さらに、飛行機の狭い座席に長時間座り続けていると、下肢や骨盤の静脈内で血液が固まりやすくなり血栓が出来ます。立ち上がった際にこれが血流に乗って心臓から肺へと体内を移動して肺の動脈が詰まって肺塞栓症(呼吸困難や心肺停止)をおこしてしまうのがエコノミークラス症候群です。
下肢静脈瘤の患者さんは静脈瘤に血液がたまりやすく血栓ができやすいので、エコノミークラス症候群になりやすいと言われています。
Q 14 保険はききますか?
A 14 ほぼすべての検査・治療に保険が適応されています。以前は保険外であったレーザー治療も保険で認められています。今現在でも保険適応外でのレーザー治療を行っている施設があります。たしかに日本で未認可である海外で発売間もない最新の器械を用いると、合併症が少なく良い治療であることが多いです。
しかし治療に際しての値段が数十万円もかかることもあります(要確認)。結果としては、値段ほどの差があるかと言われるとそうでもありません。
保険適応の1470nmレーザーを導入している施設を受診することをお薦めします。
Q 15 レーザー治療は入院が必要ですか?
A 15 まったく必要ありません。現在局所麻酔のTLA麻酔という方法が主流になっており、手術後も足を動かすことができ、効き目も約半日ほど続くので、非常に楽に手術を受けられるようになりました。
非常にまれではありますが、局所麻酔アレルギーなどの方は入院した上で全身麻酔や下半身麻酔で静脈瘤を手術をする必要があります。
Q 16 誰でもレーザー治療が受けられますか?
A 16 まれでありますが、レーザー治療の適応から外れる方がいます。
たとえば深部静脈血栓症(エコノミー症候群)の方や以前にこれを治療した経験のある方、また血液凝固異常(血友病や自己免疫疾患)の方、ステロイド薬・ホルモン剤・免疫抑制剤などを内服している方が当てはまります。また、静脈瘤が進行していくと血管が蛇行(曲がりくねる)してしまい、レーザーのカテーテルが入りづらくなる方がいます。そういった点もあり治療は早めに行った方が良いとも考えられています。
Q 17 妊娠中ですが治療が受けられますか?
A 17 妊娠中におなかに胎児がいると静脈が圧迫されて、足から心臓に戻ってくる血流が戻りづらくなることがあります。このタイミングで下肢静脈瘤を発症してしまう方が多いです。ただ、出産してしまえば血流が元に戻ることも多く、また手術に使用する薬品での胎児への影響もはっきりと分かっていない部分も多く、妊娠中の治療は積極的に行えないと考えられています。もし妊娠中に下肢静脈瘤が出来てしまった時は、弾性ストッキングをしっかり履き、出産後に落ち着いたら診察を受けてみることが良いと思われます。
Q 18 現在妊娠3ヶ月です。静脈瘤がでているのですが、友達は出産したら消えるといいます。本当ですか?
A 18 静脈瘤は出産、特に初産後には軽減することも多いです。ただし、妊娠中は血栓ができてしまうことも多いので、弾性ストッキングの着用をお勧めします。
Q 19 静脈瘤は腕にもできますか?
A 19 腕にも静脈が拡張して瘤状になることはありますが、その頻度は稀です。その部分に痛みがなければ経過を見て問題ないでしょう。腕を下げると重力で血管が拡張するのは正常のことです。
Q 20 下肢静脈瘤と肥満は関係がありますか?
A 20 肥満だと静脈に負担がかかりやすいとの説もありますが、必ずしも因果関係はありません。
Q 21 娘は10才です。なんとなく、血管が浮き出て目立つような気がします。こんな年齢でもなりますか?
A 21 10代で静脈瘤になることは珍しいですが、先天的な静脈瘤も存在します。ただし、先天的な静脈瘤は治療が困難で、弾性ストッキングの着用で経過を観察することが多いです。
Q 22 結局どこで治せばよいのですか?
A 22 重い病気を持ってない方であれば、通常の静脈瘤専門クリニックで治療は可能です。
そしてレーザー器械が発展してきた現在では、経験が浅い者でも通常通りのレーザー治療を行えば、たいていの症例は普通に治ることが多いです。
ただしかし、あえて選ぶ基準として挙げたいのは、予想外のことが起こった時(合併症)の対応にあると考えられます。
一番有名なのがエコノミー症候群(深部静脈血栓症)であります。放置された場合には入院治療が必要になることもあり、場合によっては手術になる方もいらっしゃいます。
血管内レーザー治療医には、放射線科医、皮膚科医、形成外科医、一般外科医などがいますが、彼らは自前で手術が出来ずに対応ができません。一般的には血管外科医であれば手術も含め、すべての治療を責任をもってでき、よって経験も豊富であると考えられています。
また学会や研究会で自身の病院の成績を発表し、新しい情報を入手している医師の方が安全・安心に手術を行うことが出来ると思われます。


下肢静脈瘤とは 下肢静脈瘤の症状 下肢静脈瘤の種類 下肢静脈瘤の診断
下肢静脈瘤の治療法 最新のレーザー治療 下肢静脈瘤 治療用ストッキング 下肢静脈瘤 Q&A
下肢静脈瘤広報センターHOME  歴史が語る広報活動!信頼されて27年