下肢静脈瘤広報センター

手術しないでも硬化療法という注射で治ると聞きました。本当に治りますか?又、副作用はないのですか?

足の付け根や膝の裏の弁が壊れてしまう大・小伏在型静脈瘤の患者さんでは、硬化療法のみでは静脈は治りにくく再発しやすいだけでなく、血栓が心臓から肺に流れてしまう可能性(肺塞栓)が高くなるため、手術よりも硬化療法によって治療することのほうがリスクが高いと考えています。
軽症の静脈瘤は硬化療法で治療しますが、硬化療法は静脈瘤を血栓化して炎症を起こすため、色素沈着・多毛・潰瘍の原因となることもあります。

> ページの先頭へ