下肢静脈瘤広報センター

誰でもレーザー治療が受けられますか?

まれでありますが、レーザー治療の適応から外れる方がいます。
たとえば深部静脈血栓症(エコノミー症候群)の方や以前にこれを治療した経験のある方、また血液凝固異常(血友病や自己免疫疾患)の方、ステロイド薬・ホルモン剤・免疫抑制剤などを内服している方が当てはまります。また、静脈瘤が進行していくと血管が蛇行(曲がりくねる)してしまい、レーザーのカテーテルが入りづらくなる方がいます。そういった点もあり治療は早めに行った方が良いとも考えられています。

> ページの先頭へ