下肢静脈瘤広報センター

下肢静脈瘤の診断

下肢静脈瘤超音波(エコー)検査

下肢静脈瘤超音波(エコー)検査は、患者様にとても喜ばれている検査方法です。 よく健康診断でおなかの検査(肝臓や腎臓など)や、産婦人科で妊婦のお腹の赤ちゃんをみる検査で、肌にゼリーを塗って行う検査を受けた方は良くご存じと思います。 この超音波検査は、からだに影響を与える負担がありませんので、手術前・手術後に定期的に繰り返し行うことができる便利な検査であります。

下肢静脈瘤の診断・手術の適応・部位の確認にはこの超音波検査を行っています。
立った姿勢で検査をします。ゼリーを付けてハンディーサイズの器械(プローべ)を検査部位に当てます。 ボコボコとこぶになるタイプの静脈瘤が起こりやすい伏在静脈と、表面からは見ることができない深い所にある深部静脈を検査しますので、足の付け根から足の内側を通り内くるぶしの方へかけてと、膝裏からふくらはぎの後ろ側を通り踵の方にかけて血管の走行に沿ってプローベを当て診ます。

下肢静脈瘤では血液が正しい方向に流れず逆流を起こしている状態ですので、この検査では血液の逆流の有無を調べます。
逆流しているかが分かるように検査は立った状態で行い、足を押したりもんだりします。また、足の深いところを走る深部静脈に詰まりや逆流等の異常がないかどうかも同時に検査します。
痛い検査ではありませんので、ご安心ください。

検査結果は検査をしながら判りますので、医師と共に超音波の画像を見ながら、ご自分の足の状態を知ることができます。

静脈造影検査(ベノグラフィー)

静脈造影検査(ベノグラフィー)は、古くからある検査方法であります。
足の先端から静脈内に造影剤を注射して、レントゲン撮影を行い血管の形を撮影します。
わずかな被ばくはありますが、腎臓の機能が正常であったり、造影剤に対してアレルギーなどが無ければ問題なく行える検査であります。
患者さんにも一目で血管の状態が分かる検査方法であります。

< 下肢静脈瘤についてへ戻る

お問い合わせはこちら

> ページの先頭へ