下肢静脈瘤広報センター

下肢静脈瘤Q&A

どんな病気ですか?
最初の症状としては、足に血管がボコボコ見られるだけのことが多いです。疲れ、むくみ、足のつりを起こします。ひどくなると湿疹や色素沈着が起こります。ここまで悪くなってしまうと元に戻りづらい状態になっています。放置することで徐々に進行する怖い病気です。
下肢静脈瘤の原因は?
静脈内には逆流防止弁があり、これが壊れると血液が逆流し静脈が膨らみます。弁が壊れる原因は分かっていませんが、生活習慣や女性の妊娠出産や家族歴に関連があると言われています。
ほうっておくとどうなりますか?
下肢静脈瘤は、基本的には良性疾患のため、癌などの悪性疾患と違い致命傷になる可能性の低い疾患です。注意するべきは、エコノミークラス症候群(血栓症)です。また、進行すると、痒み・治りにくい湿疹・色素沈着を経て、皮膚が潰瘍化したり、また、蜂窩識炎(ばい菌が入って、足が赤く腫れる)にもなりやすくなります。 …
手術は、血管を焼いたり引き抜いてしまう方法と聞いています。そのあと、血液はどこを流れるのですか?大丈夫なのでしょうか?
血管は、1本だけではありません。静脈瘤になってしまう血管は、表在静脈といって皮膚の表面近くを流れているものです。この静脈以外に、筋肉の中を貫いている本幹(深部静脈)があります。深部静脈が正常であれば、静脈瘤を患っている血管はない方が血液の循環は良くなります。
弾性ストッキングをはくと、あしの調子がよいのですが、このまま治ることはないですか?
弾性ストッキングを着用すると足の血液の循環が良くなりますので自覚症状は改善することが多いですが、残念ながら静脈瘤が治ることはありません。
病院にいったら、下肢静脈瘤だといわれ手術を勧められました。自覚症状がないのですが手術したほうがよいでしょうか?
手術の適応は医師によって異なりますが、湿疹や色素沈着・血栓等の合併症のある患者さんには積極的に手術を勧めています。また、足がだるい・痛い・つりやすいといった症状の強い患者さんにも、手術を勧めています。静脈瘤が膨らんでいるのが気になるという、美容的な理由で手術を受けるかどうかは患者さんの希望次第です。
手術しないでも硬化療法という注射で治ると聞きました。本当に治りますか?又、副作用はないのですか?
足の付け根や膝の裏の弁が壊れてしまう大・小伏在型静脈瘤の患者さんでは、硬化療法のみでは静脈は治りにくく再発しやすいだけでなく、血栓が心臓から肺に流れてしまう可能性(肺塞栓)が高くなるため、手術よりも硬化療法によって治療することのほうがリスクが高いと考えています。 軽症の静脈瘤は硬化療法で治療しますが…
遺伝しますか?
遺伝の原因は解明されておりませんが、ご両親が静脈瘤であった場合は、その娘さんや息子さんが同じように静脈瘤になるケースが多いです。
予防はできますか?
完全に効き目のある方法は残念ながらありません。遺伝や加齢を治せないのと同じです。 ただし、病気の進行を遅らせるための方法はあります。生活環境で立ちっぱなしや座りっぱなしを長時間することを避け、なるべく足を動かすことを心掛けてください。 また静脈瘤になりかけの方は早めに弾性ストッキングを着用することで…
早期発見するにはどのような症状に注意すればよいですか?
簡単にできる下肢静脈瘤の自己診断法をご紹介します。 下肢静脈瘤の代表的な症状のひとつに「血管が浮き出る」という事があげられます。横になったり、腰掛けていると目立たないが、まっすぐ立った状態で血管が浮き出てきたら下肢静脈瘤を疑ってください。 血管はあまり浮き出たり目立つことはないが「むくみが気になり、…
1 / 3123

お問い合わせはこちら

> ページの先頭へ